メンズ

タクシー会社を選ぼう【適した会社で楽しく働く】

  1. ホーム
  2. 2種免許の必要性

2種免許の必要性

タクシー

タクシードライバーに必要な資格

タクシードライバーは、転職したい人に人気のある職種です。タクシードライバーの仕事内容は、主に乗客を車で希望の行き先に送り届けることです。いわば、利用客の命を預かって目的地まで運ぶ大切な仕事です。このタクシードライバーになるには、運転免許証の資格が必要です。しかも、自動車の第2種運転免許を所持していなければなりません。第2種運転免許の取得をするには、第一種の運転免許で無事故、無違反でなければいけません。そのため、高度な運転技術が必要になります。昨今のタクシー会社では、第1種運転免許を保有している人を率先して会社に採用しています。そして、タクシー運転者への養成訓練を行って、第2種の運転免許を取得させています。

ドライバーの給与形態とは

タクシードライバーの給与形態は、実は会社によって異なります。ですが、昨今多いのが完全歩合制です。この給与形態は文字通り、その月の乗客の売り上げによって給与が決まるものです。この賃金制度は、頑張ったら頑張っただけ稼ぐことができます。よって、働いている人の意欲が上がります。その他の給与形態としては、固定給にプラスしてボーナスを加える形態もあります。これは、昔のタクシー会社で多く取り入れられていたものです。この給与形態は、固定給が長年勤めている人は年々昇給していきます。そのため、ある程度の給与が保証されているので、安定した収入を得ることができます。しかし、不況の影響で会社にとってかなりリスクが高い制度です。よって、最近はこの給料体系はあまり取り入れられていません。